インタビュー/グリーンデンタルクリニック 久地

グリーンデンタルクリニック 久地 前田 剛司 院長 & 山田 将登 外来診療部部長

グリーンデンタルクリニック 久地前田 剛司 院長 & 山田 将登 外来診療部部長

歯科医を志されたきっかけと、こちらで開業された経緯について教えてください。

【前田 院長】子どもの頃は虫歯が多く、歯医者によく通っていました。通ううちに痛みは治まり悪いところが治りますから、理屈では行くべきだと納得するのですが、どうして歯医者は嫌な場所なんだろう。歯医者の重要性はみんな感じているわけだし、もっと行きやすい場所にできないものなんだろうか…..。子供ながらにこんな風に思いました。そして進路を決める際、誰かのお世話をさせていただく仕事に就こうとぼんやり考えたとき、歯医者で苦労した思い出がよみがえりました。「ならば、通いたくなるような歯医者を自分で作ろう!」。これが大きな動機です。

大学卒業後、お世話になるクリニックでは訪問診療を積極的に行う所ばかり。地方の方が高齢化のニーズにいち早く対応していたのかもしれません。おかげさまで、体の不自由な方、ご高齢の方をどう対応させていただくか、とても勉強になりました。その後関西、福井で修行を積んで上京し、2014年の8月に開業しました。当院ではわたしが訪問医として治療に当たっています。
 
【山田 部長】
父が歯医者で幼少期はよく診てもらったのですが、やはり治療は痛くて怖いものでした。「痛い」と言っても、「うるさい、これくらいがまんできないのか」としか言われなくて….。思春期は4年制大学を出てサラリーマンになることも考えましたが、やはり自分は性格的に歯科医の方が合っている気がしたので、歯科大に進みました。2007年に卒業した後は同様に複数のクリニックでお世話になり、さまざまなことを学ばせていただきました。当院ではわたしが外来診療を担当しています。院長とは友人を通じて知り合いました。

診療方針についてお聞かせください。

【前田 院長】患者さんひとりひとりに合わせた「オーダーメイド診療」がモットーです。ライフスタイル、家族構成、既往症、痛みの感じ方など患者さんのご事情はそれぞれ異なります。ですので丁寧に問診を重ね、最適な治療を探り当てていきます。

一番大切にしていることは、どのようなことでもよいので、患者さんが当院に来て頂いて「よかった」と思っていただけることです。「痛みがなくなった」「かめるようになった」「歯が白くなった」「歯並びがよくなった」「話をしにきて気持ちが楽になった」などなど、何かひとつでも喜んでいただけることを感じてもらえるように、お話をじっくり伺いながら納得のいく治療をしていきたいと思います。

また当院では、外来・訪問医療双方で治療の際全身の状態が診れる「全身モニター」も使いながら治療をさせていただいています。血圧や血中酸素濃度などをモニタリングし、体調が落ち着いた状態で治療できるよう細心の注意を払っています。特にご高齢の方、何かしらの全身疾患を持っていると考えなくてはなりません。歯科治療は少ながらずストレスが伴いますから、患者さんのご様子をよく観察して、常にリラックスして治療を受けていただけるようにしています。落ち着くまで待って治療を続けることもありますから、1件当たり30分前後時間がかかるものと考えています。

【山田 部長】
基本的に患者さんのさまざまなニーズにお応えできるよう、全方位的な診療体制を整えています。しかし美容のニーズは現在のところ、あまり多くありません。それは20-30代の女性の患者さんが少ないからかもしれません。住宅地ですから、やはりお年寄りとお子さんが多いですね。

わたしは「口からきちんと食事ができること」を最も大切な課題としています。お年寄りにとっては健康で自立的な生活を長く続けることにつながりますし、お子さんにとってはこれからの成長に必要不可欠です。月1回は矯正の先生にお越しいただいて、入れ歯や歯並びを始めとした不具合の相談を無料で行っています。「現在装着している入れ歯が合わない」「部分的に矯正をしたい」といったお話をお聞きし、かかる費用や時間などをご提示させていただいています。

「無料歯科検診」をしていらっしゃるそうですが、詳しくお聞かせください。

【山田部長】「無料歯科検診」はこれから実施していくサービスで、特定の日にちを決めてやっていく所存です。当院では、患者さんに歯を守ることの大切さを知っていただきたいので、毎月異なるテーマでセミナーを開いています。来月の実施日は5月16日で、フッ素やシーラントを用いた予防歯科についてお話しします。

削る治療さえなければ、歯科治療は怖いものではありません。昨今は「予防治療」の考え方を広めていくことが主流になっていますので、歯医者を楽しいところだと思い定期的に足を運んでいただくのが狙いです。

工学部でスポーツ用マウスピースの研究もされていたそうですね。このことについてもお聞かせください。

【前田 院長】わたし自身学生時代からカヌーに親しみ、高校時代はカヌー競技で国体に出場した経験があります。競技中には歯を食いしばり力が入ることから、マウスピースの必要性について早くから考えていました。幸い勤務地が地元の福井だったとき、福井工業大学大学院工学研究科でけがの予防や歯を守るだけではなく、競技力を向上させるマウスピースの研究に取り組みつつ、カヌー部コーチとして後輩の指導をさせて頂きました。

診察で心がけていることと、地域のみなさまへのメッセージをお願いします。

【山田 部長】 先ほどの院長のお話にもありましたが、やはり問診と説明を大切にすることですね。特に治療の内容を知っていただいた上でやらないとご納得いただけませんし、ご帰宅後のケアがおろそかになることも考えられます。今からやる治療は何のためのものか、時間がかかっても理解していただくようにしています。

地域のみなさまには、予防治療の観点から定期健診を受けていただきたいと思います。毎月異なるテーマでセミナーを開き、ご自宅でのお手入れの仕方もご指導していきますので、どうぞお足をお運びいただけたらと思います。

※上記記事は2015.06に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

グリーンデンタルクリニック 久地 前田 剛司 院長 & 山田 将登 外来診療部部長

グリーンデンタルクリニック 久地 TAKESHI MAEDA & MASATO YAMADA

グリーンデンタルクリニック 久地 前田 剛司 院長 & 山田 将登 外来診療部部長 TAKESHI MAEDA & MASATO YAMADA

  • 好きな言葉・座右の銘: [前田院長] 事実は1つ、考え方は2つ [山田部長] 誠実
  • 好きな音楽・アーティスト: [前田院長] レゲエ [山田部長] ロック
  • 好きな場所・観光地: [前田院長] 水辺 [山田部長] 車の中
  • 出身地: [前田院長] 東京生まれ、福井育ち [山田部長] 香川県
  • 趣味・特技: [前田院長] カヌー [山田部長] ゴルフ
  • 好きな本・愛読書: [前田院長] 司馬遼太郎の著書をはじめとする歴史小説 [山田部長] 歯科専門誌「ザ・クインテッセンス」(クインテッセンス出版発行、月刊)
  • 好きな映画: [山田部長] 「インセプション」(2010年、米ワーナー・ブラザース)

INFORMATION