金子整形外科 金子 院長 & 市川 副院長

金子整形外科金子 院長 & 市川 副院長

お2人それぞれ、この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。

【金子 修 院長】私は子供の頃、身体が弱かったんです。おそらく、それがあって母親は私に医者になることを希望し、私はその希望に沿ったという形になるかと思います。
実のところ私はあまり医者になるつもりはなかったのですが、整形外科を選択したのは、手先を使うほうが自分に向いていると思ったからなのです。その時点では、この分野を非常に単純なものと捉えていたと言えるかもしれません。ところが実際になってみると、見事なほどに何も出来ない(苦笑)。当然のことながら、医者になりたての頃は治療の腕も知識もまるで伴ってないわけですから。患者さんを目の前にするようになり、自分の仕事への責任感と覚悟を新たにしたことを憶えています。
私の大学では、転勤が付きものでしたが、私は開業する前は登戸病院に勤務していました。そちらでおよそ5年余り。そこで後輩から「先生、開業をされるつもりはありますか?」と示されたのが、まさに、ここ、なのです。このビルは、私どもを含め、内科、小児科、歯科と、医療モールの形態をとっています。地域唯一の医療機関の一翼を担うべく、当院はスタートを切りました。
市川先生と私は大学の同級生になります。開院当初は私1人でやっておりましたが、これが結構大変で。市川先生に「手伝ってくれないか」と声をかけたところ、快く承知してもらったのです。最初は「手伝ってもらう」という形でしたが、私1人では寂しかったものですから、「居てくれない?」となって、今の運びとなったという次第です(笑)。

【市川 亨 副院長】
私の場合は理科系が好きでしたから、進学も理科系を目指していたのですが、思わぬことに浪人をすることになってしまいました。そしてちょうどその時、私の小学校に入る前の従兄弟が、肺がんを患い亡くなってしまったんです。それを機に180度方向を変え医学部を目指すこととなりました。転機というのは、本当にああいったことを言うのでしょうね。
整形外科を選択するについては、私も手先が人より器用な面がありましたから、それを活かそうという思いがありました。また、当時整形外科に尊敬する先生がいらして、その方の元で学びたいという気持ちもありましたね。
私も金子先生に負けず劣らず、全国あちこちの病院をめぐりました。その1つに駒沢病院があります。こちらは今も週に1回診療に訪れている病院で金子整形外科の患者さんを送って手術してもらっています。

患者さんの症状、および『金子整形外科』の特徴をお話しください。

【金子 修 院長】最も多いのが背骨。つまり腰痛に肩こり、次に膝の痛み。あとは上肢と申しまして、肩から手にかけてのしびれや痛みといったものになります。このうち、上肢に関しては専門である市川先生が主に診断をおこない、また、リュウマチに関しては私の先輩である倉林先生にお越しいただき、外来を設けています。
当院の特徴は、言ってみれば1つの医院に3つ整形外科があるというところでしょうか。背骨、手、リュウマチ。それぞれが高い専門性を活かすことで、患者さんにも大きなメリットがあると考えています。

手術等のサポート体制はどのようになっていますでしょうか?

【市川 亨 副院長】私は手を専門としていますが、自分の範囲を超えると判断した場合には、速やかに最適な医療機関へとご紹介をおこないます。無論、その判断には相応の知識と経験が必要となってきますが、自分の身内と思って患者さんの真の利益につながる医療を考えています。

【金子 修 院長】
手術が必要と判断した場合、患者さんの側で希望をされない限りは慶応の関連病院へとご紹介しています。私どもが信頼の置ける技量を有し、かつ、手術後も円滑なコミュニケーションをおこなえる医院へとご紹介しています。

診療の際、心掛けていることを教えてください。

【金子 修 院長】私がこの世界に入って最初に先輩に教わったことが、「患者さんがドアを開けた瞬間から診察をしなさい」ということでした。レントゲンを見てからどうこうではなく、顔色であったり歩き方であったり、そこから診察は始まるということですね。話をよく聞いて、見て、触る。それは今も変わらぬ私の信条となっています。

【市川 亨 副院長】
金子先生もしかりですが、当院では模型や図、レントゲンを使った詳細な説明をおこなうとともに、注意事項を箇条書きにして患者さんにお持ち帰りいただくようにしています。年齢に関係なく、言葉というものは忘れてしまいがちなものです。その場でお話をしながら書いたメモをお渡しすることで、映画を見終わった時のように、なぞるように注意点を思い出していただけるのではないかと考えています。
整形外科について、わかりやすい言葉で伝えること。そして、それを理解していただけるよう努力を続けていきたいと考えています。

最後にお客様達へメッセージをお願いします。

【金子 修 院長】是非、わからないことがありましたら、なんでも聞いていただければと思います。まさに医者はそのために存在しているのですから。また、必ずしも1人の医者にこだわる必要もありません。納得が出来ないのであれば、積極的に別の意見を聞いてみるということも大事なことです。自分に合った医療機関で、自分に合った治療を受けてもらえればと思っています。

【市川 亨 副院長】
手術1つにしても様々なメリット・デメリットが存在し、さらに患者さんによって異なるバックグラウンドを考慮にいれなければなりません。ゆえに、複数の選択肢をご用意し、密接なコミュニケーションをとっていく中で、その方にとってベストな治療をおこなっていきたいと考えています。「ここで良かった」と皆様に思っていただけるよう、力を尽くしていきたいと考えています。

※上記記事は2014.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

金子整形外科 金子 院長 & 市川 副院長

金子整形外科 KANEKO & ICHIKAWA

金子整形外科 金子 院長 & 市川 副院長 KANEKO & ICHIKAWA

  • 好きな本・愛読書: [金子] マンガ、スポーツ雑誌(特にゴルフ) [市川] 生き方(稲盛和夫)海賊とよばれた男(百田尚樹)
  • 好きな映画: [金子] アンタッチャブル(ケビンコスナー) [市川] ALWAYS三丁目の夕日
  • 好きな言葉・座右の銘: [金子] As fire tries gold, so does adversity virtue.[市川] 心に描いたものが実現する
  • 好きな音楽・アーティスト: [金子] ビートルズ [市川] トゥーランドット~誰も寝てはならぬ
  • 好きな場所・観光地: [金子] 飛行機が苦手ですので特に無いです。 [市川] パリ
  • 生年月日: [金子] 1956年1月5日[市川] 1956年12月8日
  • 出身地: [金子] 東京都(中野) [市川] 兵庫県西宮市(甲子園の近く)
  • 血液型: [金子]AB型 [市川] O型
  • 趣味・特技: [金子] ゴルフ、テニス、スキー(どれも下手になりましたが) [市川] 音楽鑑賞、落語、ウォーキング、ゴルフ

INFORMATION