インタビュー/かわごえ眼科

かわごえ眼科 川越 真美 院長

かわごえ眼科川越 真美 院長

眼科医を志したきっかけとこちらで開業された経緯について教えてください。

父が整形外科医で、幼少期からずっと「父の背中」を見て育ちました。やはり一番身近な職業が医師でしたから、必然的に自分も医師として仕事をしていくものだと思っておりました。父は勤務医でしたし特に指示されていたわけでもなかったのですが、小学校の文集にも「医師としての将来」を書き残しています。もうひとつの影響は、図書館で読んだキューリー夫人 ナイチンゲールの伝記です。大学で研究もしていた父とキューリー夫人に、自分の将来を重ね合わせてみていたのかもしれません。漠然とですが、人に役立つ研究をしたいと思いながら過ごしました。大学を卒業する頃に自分の専門を決めるわけですが、内科医と外科医の選択肢では迷わず外科医を選びました。そしてその中でも、自分の行った治療とその結果が目に見えやすい眼科に進みました。チームを組まずに自分ひとりで手術ができるものが多いことも、理由のひとつです。卒業後は大学の医局に所属して研究と臨床に従事し、医局を辞めた後も大学の関連病院に勤務していました。
独立開業を考えましたのは、子供が生まれたことが契機です。子供の世話がきちんとできる環境を作って仕事がしたかったのです。夫は溝の口が地元でして、末長で歯科医院を営んでいます。わたしの診療所からは自宅にも歩いて帰れますし、子供が通う学校にも近かったのです。何よりも「子供優先」で考えました。

『かわごえ眼科』さんの診療方針を教えてください。

何よりも、「患者さんに寄り添う診療」を大切にしています。大学病院に勤務していていやだったことは、やはりひとりひとりの診療時間が短いことでした。どうしても、大病院のシステムの中でしかお世話をさせていただくことができません。長くお待たせしたのに、診療で患者さんとお話できるのは、ものの数分であることも少なくはありませんでした。当院には、お年寄りの患者さんも多くいらっしゃいます。そこで、よりよいコミュニケーションを目指すために、患者さんをよく観察させていただいています。患者さんが診療所のドアを開けていらっしゃる時点から、どんな歩き方をされているか、受付とどんなやりとりをしていたか、付き添いの方がいらっしゃる場合はその方とどんな会話をしていらっしゃるかを、つぶさに観察します。受付でお話になったことと、わたしにお話になっていることとで内容が異なっている場合もあり、そのようなときは特に注意して拝見しています。
また、小さなお子様も多く受診され、日常の子育てでさえ不安を感じていらっしゃる若いお母様もいらっしゃいます。親子ともども安心してお帰りになられるように対応させていただいています。

近視の矯正をする「オルソケラトロジーレンズ治療」について教えてください。

この治療では、就寝時に特殊な治療用コンタクトレンズを装着していただきます。コンタクトレンズを角膜の上に乗せて夜寝ている間に度を調整し、昼間裸眼でお過ごしいただけるよう矯正するものです。同じ近眼用の治療法には、角膜を削る「レーシック手術」がポピュラーですが、この治療法はやってしまうと元に戻せません。一方「オルソケラトロジーレンズ治療」は、患者さんがいつでも中断することができます。気軽に試せる点も大きなメリットです。「オルソケラトロジーレンズ」は、テレビで取り上げられることもあるのですが、まだ一般的に認知度が低く、この治療法を採用している眼科医院も一部にとどまっています。

待ち状況が確認できるシステムは便利ですね。

当院ではまずご来院された際に番号札をお持ちいただき、だいたいの待ち時間がわかるようにいたしました。順番まであと何人か、院内でもパソコンやケータイからでも確認できます。「待ち時間に近隣で買い物などの用事が済ませられる」とご好評いただいています。当院は予約制にしていません。と申しますのは、何か不具合を感じた患者さんがいつでもご来院できるようにしたかったのです。特にパソコンやケータイで予約できるようにしてしまうと、予約は電子機器の扱いに熟知していらっしゃる若い患者さんで埋まってしまいます。お年寄りの患者さんも少なくありませんので、このような患者さんに不利益が生じないようにしています。

診察で心がけていることと、地域のみなさまへのメッセージをお願いします。

診療方針のところでも申し上げましたが、ひとりひとり患者さんに見合った丁寧な診療をさせていただいております。他院で治療を受けられていて「ご不安」を感じている患者さんのご相談もお受けしています。これまで一度しか当院にお見えになられていなくても、あるいは前回の治療から相当お時間が空いてしまったとしても、どうか気になさらずにお越しください。ひとつひとつお聞きしながら対応させていただきます。「セカンド・オピニオン外来」のようにデータが一式揃っていなくても大丈夫です。これまでの検査結果などがあればより診察はスムースですが、こちらでも患者さんの病状や生活習慣をお聞きし、場合によっては精査をしてご納得のいく説明をさせていただきます。わたしにとって最も大切なことは、患者さんとの「信頼関係」です。こちらで開業するまでにさまざまな病院に勤務させていただきましたが、それぞれの地域で診させていただいた患者さんが、こちらにも来られることがあります。また転勤で関西や九州など遠方に引っ越された患者さんが、上京の折にご来院されたこともありました。そんな風に患者さんがずっとわたしを覚えていてくださることが、最大の「誇り」です。病気はないにこしたことはないのですが、何か不具合を感じたときにわたしのことを思い出していただけるよう、これからも貢献させていただきたいと思います。


※上記記事は2013.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

かわごえ眼科 川越 真美 院長

かわごえ眼科 MAMI KAWAGOE

かわごえ眼科 川越 真美 院長 MAMI KAWAGOE

  • 好きな本・愛読書: ミステリー、サスペンス
  • 好きな映画: スタジオ・ジブリの作品
  • 好きな言葉・座右の銘: 一期一会、無知の知
  • 好きな音楽・アーティスト: マイケル・ジャクソン
  • 好きな場所・観光地: 沖縄、北海道
  • 生年月日: 1964年2月10日
  • 出身地: 東京都
  • 血液型: A型
  • 趣味・特技: 料理、お菓子作り ご飯は土鍋や圧力鍋で炊いてます

INFORMATION