インタビュー/千年ファミリークリニック

千年ファミリークリニック 林 ゆき子 院長

千年ファミリークリニック林 ゆき子 院長

この道を志したきっかけをお聞かせください。

私がまだ小さい頃のことです。少し離れたところに祖母が住んでいたのですが、祖母はずっと喘息を患っていました。苦しくなってくると母親に電話を掛けてくることになるのですが、病院に一緒に連れ添っていくことが頻繁にありました。その都度、お医者さんがベストを尽くしてくださり、祖母が少し回復するということの繰り返しでしたが、子供心にそのお医者さんに対して憧れのような気持ちを抱くようになっていました。自分も医療人として困っている人に貢献出来たらと考えるようになったんです。患者さんは必ずしも1つの病気に悩まされているわけではありません。腰痛を抱えている方が風邪を引くこともままあります。そうしたものを総合的に診たいという私の思いがあり、勤務してきた病院では循環器内科や呼吸器内科といったほぼ全ての内科診療に加え、小児科や皮膚科、整形外科に至るまで科の垣根を越えて勉強を積まさせていただきました。
ひとつの分野で究極を求めるよりは、家庭医として様々なことを深く識り、患者さんを癒してさしあげたいと考えたんです。

開院に至る経緯と『千年ファミリークリニック』の特徴についてお聞かせください。

私は、お子さんからご高齢の方まで幅広い世代の家庭医として皆さんを癒したい、更には、ご本人のみならずご家族を含めた様々な背景や人生観、年齢や家庭環境も考慮し、患者さんのQOL(Quality Of Life)を高く維持できる親身な医療を施したいと考え、2011年3月に「千年ファミリークリニック」を開院致しました。世代別人口分布によれば、このエリアは乳児からご高齢の方まで幅広い世代の方がお住まいになっている地域です。この地域であれば私が思い描いている地域密着型の医療が実現できると考えました。川崎の千年という地を選んだのには、そういう理由があります。

私は、内科全般に加え皮膚科や小児科の経験もありますので、複数の科にまたがる疾病について、ひとつところで相談していただけることは当院の便利な点かと思います。
家族みんなで風邪をひいてしまっても、忙しいお母さんはお子さんを小児科に連れていくのが時間的にやっとで、ご自分のことは後回しになってしまう傾向があります。そうこうしているうちにお母さんは風邪をこじらせてしまうといことも少なくないと思います。
私自身も子を持つ母として、その気持ちは実感として分かります。そういう時に、お子さんの受診と同時にお母さんもその場で診察を受けて早く楽になっていただけたらという思いがあるのです。開院してまだ日が浅いのですが、お父さんとお母さん、お子さんの3人同時に診察室で受診されたご家族もおられました。1回の来院で患者さんの家族全体を診て、数日後に皆さんがだいぶ元気になっているのを見ると、本当に嬉しくなりますね。

診療の際に心掛けていることをお聞かせください。

患者さんのお話をよく伺ってそれに即した最適な治療を考え、丁寧な説明をおこなっていきたいと考えています。診察をしてただお薬を処方するだけでは充分とは言えません。「この期間はこのお薬を使って経過を診ていき、いずれはこのお薬に変えていきたい」治療の流れや使用するお薬の意味に至るまでなるべく詳しくわかりやすくご説明していきたいと考えています。

患者さん本位の医療についてお聞かせください。

同じ疾病でも、その方の年齢や生活環境、人生観によって希望される疾病との向き合い方は違ってきます。例えば90歳になる方に糖尿があったとして、「あればダメ、これも食べてはいけません」と杓子定規に楽しみを取り上げてしまっては、医療そのものの存在の意味が問われるような気がするのです。QOL(Quality Of Life)を重視し、お一人お一人のご意向やご希望に叶うよう、一歩進んだ診療をご提供出来ればと考えています。

当院では開業医で扱えるレベルを越えていると判断した場合、高次医療機関とのスムーズな連携もとっております。あくまでも患者さん本位、その方にとって何がベストなのかということを念頭に置いて診療に臨んでおります。
現代は大変なストレス社会であり、はっきり病気とは言えなくともお食事が喉を通らないですとか、疲れて元気が出ないという方は沢山いらっしゃいます。当院では患者さんのご希望により各種のビタミン注射や点滴等の措置もおこなっています。
すごく悪くなってからではなく、病気になる前の段階、未病の段階で出来ることを提案し、癒してさしあげることが出来ればと考えています。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

何々科という区切りがなく、ご年配の方からお子さんに至るまで、健康に関することは何でもご相談ください。また私が女性であることが、相談のしやすさにつながることもあるかと思います。何でも聞いていただいて、ラクになって帰っていただけるよう、誠心誠意力を尽くしてまいりたいと思っております。
※上記記事は2011.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

千年ファミリークリニック 林 ゆき子 院長

千年ファミリークリニック YUKIKO HAYASHI

千年ファミリークリニック 林 ゆき子 院長 YUKIKO HAYASHI

  • 好きな本・愛読書: スキンケア系の雑誌(美STORYなど)
  • 好きな映画: ローマの休日
  • 好きな言葉・座右の銘: 七転び八起き
  • 好きな音楽: クラシック
  • 好きな場所・観光地: 京都
  • 生年月日: 1970年8月23日
  • 出身地: 福島県
  • 血液型: A型
  • 趣味・特技: お散歩

INFORMATION