インタビュー/森クリニック

森クリニック 森 久美子 院長

森クリニック森 久美子 院長

CAREER

大学卒業後、整形外科を専門に研鑽を積む。大学病院や総合病院、無医地区での診療を経験し、愛着のある地元に開業。

この道を志したきっかけをお聞かせください。

中学3年の時、友人が骨肉腫で亡くなったんです。その時に子供が親より先に亡くなるというのは、なんて悲劇なんだろうと思ったんです。その時から少しでもその悲劇をなくしたいと思うようになりました。また、母方の祖父が産婦人科医だったので、医師という職業を身近に感じていたこともあり、進学の際に医師を目指すようになりました。
大学を卒業後は、大学病院で勤めたり、民間病院や小さな病院の院長も勤めました。新潟の無医地区などにも行き、都会よりも医師をしている充実感を味わう経験ができました。
その後、生まれ育った地元のこの場所で開業しました。

整形外科医を選んだ理由やこの場所、久末を選んだ理由をお聞かせください。

大学の研修でひととおりの科を回りましたが、整形外科は一番結果や反応が見える科目だと思ったんです。痛みを抱えて来院された方が、治療の後に歩いて帰るのを見る事ができますからね。
この地域は私が生まれ育った地域なんです。また、この地域は老人も多く、必要とされる科目だと思いましたので、この地を選びました。

診療の際にこころがけていることをお聞かせください。

その日に訴えてきた事を、その日に誠心誠意治療をすることです。話をよく聞き、治るんだと安心させてあげること、そして同じ悩みを抱えている患者さんが沢山いることを教えてあげれば、精神的にもとても楽になると思うんです。生活環境や、家庭環境などの背景を、十分にコミュニケーションをとり、その中で何を訴えているのかを汲み取ることが大事だと思います。
高齢化社会になり、老老介護でご苦労なさっている方も多いですので、その相談のついでに、「膝が痛いから診て」というような地域や生活に密着した治療をしていきたいと思っています。

やりがいを感じる時はどのような時かをお聞かせください。

「歩けない」「痛い」という症状を訴えて来院した患者さんが、治療を施した後に歩いて帰る姿を見る時にやりがいを感じますね。私に「診てほしい」「話を聞いてほしい」と来院してくださる患者さんがいてくださるので、治療にも熱が入ります。医院があるこの場所は私が生まれ育った地域です。患者さんの中には「赤ちゃんの時に、おむつを替えてあげたのよ」という方がいたり(笑)。小さい頃にお世話になったり、可愛がっていただいた方への恩返しだと思っています。

最後に地域の方々へメッセージをお願いします。

痛みがある時には、その痛みを取るよう誠心誠意治療をいたします。 「こんなことを聞いてはおかしい」などと思わず、言いたい事は何でも言っていただければ適切なアドバイスをいたします。治療をするだけでなく、相談相手になれるような存在でありたいと思っています。
世代を超えて家族で来院していただける医院を目指し頑張っていきますので、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2009.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

森クリニック 森 久美子 院長

森クリニック KUMIKO MORI

森クリニック 森 久美子 院長 KUMIKO MORI

  • 出身地: 神奈川県
  • 趣味・特技: 料理(イタリアン・和食)
  • 好きな本: ハリー・ポッターシリーズ
  • 好きな映画: サウンドオブ・ミュージック
  • 好きな言葉・座右の銘: 初心を忘れない
  • 好きな音楽: クラシック
  • 好きな場所・観光地: 北海道

INFORMATION