インタビュー/美容室ヘアトゥリース(hair trees)

美容室ヘアトゥリース(hair trees) 木部 秀彦 店長

美容室ヘアトゥリース(hair trees)木部 秀彦 店長

この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。

音楽をずっとやってきてて、それをメインに食べていこうとしてたんです。当初は、美容師はその片手間というとあれですけど、「手に職を付ける」くらいの感じでした。その"職"が美容師だったのは、音楽をしていて髪に興味があったということが1つ。それから、私が美容師を始めた頃って男性はほとんどいなかったんです。「人と違う」ということに価値観を置いていたのは昔からで、それで、この世界に飛び込びました。入った当初は、"片手間"でしたが、「やるからにはきっちり」と思い励んだ結果、大手の美容室さんでトップを担うまでになりました。ただ、自分としては、「その中でだけ名前が売れても…」という意識が常にあり、2012年の9月に『hair trees』を構えるに到ったということになります。 以前に近くで勤務していたこともあり、この街のアクセスの良さというものも充分に知っていましたし、同業を問わず経営者の友人が近くに多いということもあり、この場所での出店という運びになりました。

『hair trees』のコンセプトをご説明ください。

足を運んでいただいたお客様に、「来てよかった」「ありがとう」と思っていただけるような、大人の女性に頼りにしていただける、価値のあるお店にしていきたいと思っています。これは非常にありがたいことだと思っているんですが、髪を切るでもなく、リフレッシュを目的にわざわざ見えてくださるお客様がいらっしゃいます。このお店の空気にふれて、ちょっとおしゃべりをしてみる。美容室本来の価値に加えて、「人が集まって来たくなる場所」でもありたいですね。

施術において、心掛けていることを教えてください。

美容室で出来て、おウチで出来ないスタイルというものに価値はないと思っていますし、日常における再現性を重視して提案をさせていただいています。お客様それぞれに生活のスタイルというものがあります。朝に時間を掛けれる人もいらっしゃれば、そうでない方もいる。TPOに合わせたスタイルの提案が基本になりますね。私自身に関して、何度かお見えになっているお客様からは、ほとんど、"おまかせ"という状態です。季節に合わせてのアレンジはもちろん、その方の好みを斟酌してスタイルを提案させていただいています。好みというよりも、その方の価値観でしょうか。それにはやはり充分なコミュニケーションが必要不可欠な要素になってきます。

ヘッドスパメニューが大変豊富なようですが?

ヘッドスパメニューの充実には力を傾けていまして、その方のニーズに合わせ、こちらから複数の選択肢をご提案出来るようにと考えています。例えば頭皮が乾燥気味の方には、鎮静効果のある「センスポスト」。あるいはその反対に頭皮の汚れが気になる方には、クレンジング力の強い「ソフトピール」。抜け毛の要因を予防する「インナースパ」というメニューもご用意しています。言ってみれば、"処方的"な選択ですよね。もちろん、お客様からのご要望もありますが、コミュニケーションを密にとり、お客様の悩みに対して回答をご用意していくという意識でいます。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

当店は、スピーディーかつ上質な施術をテーマとしています。私の中で、お客様にとって美容室で過ごす時間は大事なものであるのと同時に、通過点でもあると思っています。例えば、美容室に行ってから買い物に行きたい。美容室に行って、お友達と出掛ける。その時間を大事にするためには、スピーディーな施術が必要と考えています。質はもちろん、時間においても、皆様の期待に応えていきたいですね。他のお店さんに行ってて、「なにかしっくりこない…」という方は、是非チャレンジさせていただきたいですね。『hair trees』のクォリティを、体感していただきたいと思います。

※上記記事は2014.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

美容室ヘアトゥリース(hair trees) 木部 秀彦 店長

美容室ヘアトゥリース(hair trees) HIDEHIKO KIBE

美容室ヘアトゥリース(hair trees) 木部 秀彦 店長 HIDEHIKO KIBE

  • 好きな本・愛読書: 自己啓発本、経営本
  • 好きな映画: ジブリ映画
  • 好きな言葉・座右の銘: まっすぐ!
  • 好きな音楽: レゲエ、ハードコア
  • 好きな場所・観光地: 南国の海
  • 生年月日: 1979年4月
  • 出身地: 東京都
  • 血液型: B型
  • 趣味・特技: サーフィン、音楽活動

INFORMATION