溝の口の洗足学園のすぐ近くに緑あふれる素敵な一角「フィオーレの森」~人と自然の調和を目指したやすらぎの施設~
入るとすぐに広いパティオ、南欧風デザインの建物が特別な雰囲気を出しています。森に囲まれた癒しの空間。レストラン、カフェ、ウェディングサロン等があります。今日はその入り口にあるフレンチレストラン『フランセーズ ラ ポルテ』にランチに伺ってきました。

以前は「プルミエアベニュー」というレストランでしたが、その料理長片岡シェフが独立され経営されているそうです。お料理はもちろんですが、こちらのシェフのスイーツも美味しいと評判。
時々開催されるデザートビュッフェランチというイベントに行きたいと思っていましたが、今回運よく伺うことができました。

予約制でしたが、スタート時間よりもう満席、お店に入るとカウンターには既に美しく並んだスイーツの数々。
デザートブッフェですので、ランチの後の食後のデザートと思っていたのですが…皆さまお席に着くとすぐに立って、デザートを盛り付け頂き始めていらっしゃいましたので、ちょっと戸惑いましたが皆さまに従い、着席すると早速数品盛り付けてきました。

まず頂いたのは、とっても爽やかなクレームダンジュのベリーソース。とってもクリーミーなミルクプリンにはヘーゼルナッツオイルをかけて頂きます。背の高いグラスはココナッツ寒天ジュレと酸味の効いたパイナップルのエスプーマ。エスプーマはその場で絞り出してくださいました。

間もなくサラダも運ばれてきました。サラダをお口直しに頂くような形になってしまいますが。メインは若鶏の柔らかコンフィを選びました。このコンフィ、低温でじっくりと火を入れられているそうで、フォークで押すだけで骨が外れるくらい柔らかで、とっても美味しいお料理でした。
他にはポモドーロパスタかガレットのチョイスもありました。

お料理を頂いた後は、いよいよデザートブッフェを心ゆくまで!
可愛らしく飾り付けられているのは、牛の形をしたサブレ、なんと柚子胡椒をつけて頂くそうですが、とっても美味しかったです。
他に頂いてきたのは、ブルーチーズクリームの詰められたシューと、フォンダンショコラのコロッケ。ティラミスクリームの乗ったワッフル等。ハーブのブランマンジェのタピオカ入りのガスパチョがけ。トマトの酸味の効いたガスパチョがとっても合うのです!それから一口だけ蕗の薹のアイスも頂きました。一通り頂いてみたいと思っていましたが、あまりのメニューの多さに、手が付けられないスイーツもまだまだ沢山ありました。
しかも、どれもこれもありきたりのスイーツではなく、とても独創的なスイーツ達。それからスタッフがみんな楽しそうな事♪シェフを囲んで、みんな和気藹々と楽しそうにお仕事されています。デザートのご紹介も、丁寧にしてくださいました。

きっと開催時期によってまた違った食材を使い楽しませてくださること、間違いないと思いますので、また是非伺ってみたいと思いました。

※上記記事は高津区.jpスタッフにより取材掲載されたものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

INFORMATION

フランセーズ ラ・ポルテ
電話 044-863-9986
所在地 川崎市高津区久本1-16-20 「フィオーレの森」リラ館1F
最寄駅 溝の口駅
駐車場 0台 有
営業時間 11:30~15:00 18:00~23:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)

MAP