多摩川の河川敷のすぐそば、「豚子新地」というダジャレのようなとんかつ屋さんだったお店ご存知でしたか

そのお店が新しく変わっていました。鮮やかなブルーの看板に「ARTISAN MAKOTO」と書いてあります。
どんなお店に変わったのでしょうか…近くまで行って覗いていたら、優しそうな女性スタッフがお声かけ下さいました。1階のカウンター越しに男性シェフの姿が見えましたが、そのまま2階に案内されました。細い階段を上っていくと、まぁそこななんて素敵な空間。
多摩川の堤防沿いの見慣れた景色ですが、そこにいれば、開け放した窓から入る風ですら、リゾートな気分にしてくれます。

こちらのお店はステーキとビーガンカレーのお店なんだそうです。ビーガンのかたはカレーを。ビーガンでないかたも、カレーと、そしてステーキをトッピングして。
お野菜だけで作ったスパイシーなカレーを頂きに伺ったのですが、入口のボードに書かれていたランチセットには、デザートまで付くセットでしたので、そちらにひかれました。

・オリーブのパスタ
・マトウダイのムニエル
・スペイン産カモのもも肉のコンフィ
これらにはサラダ・スープ・ライスorパン・デザート・珈琲まで付くそうです。

スープとライスは、壁際のカウンターに。ご自由にお召し上がりくださいと書いてありました。お肉とお野菜の旨味が詰まったあったまるスープでした。まもなく、オーナーシェフの男性が自らパンを運んできてくださいました。「そんな奥の席でなく、窓際に移ったらいいよ、気持ちいいから」なんて、気さくにお声がけ下さいましたよ。

十分すぎる量のパンと一緒に持ってきてくださったのは鴨のコンフィ。たっぷりのポテトの上に、大きな鴨肉がドンと。マスタードも後で運んできてくださったのですが、それもまた、惜しみなくたっぷりたっぷり。どうやら、そういうお店の様です。おもてなしする事が、きっと大好きなシェフなのでしょうね。そして多分、ご自身も食べることが大好きなはず。美味しいお料理を作って、美味しいって言ってもらえることに、幸せをお感じになられる方なのでしょう。

時々、2階まで様子を伺いに来てくださり、お声掛け下さいます。一見、ちょっと話しかけにくそうに見えたのですが、そんなことはありません、とっても気さくで素敵な方でした。

本当にお腹いっぱいなのですが、ここにデザートが付いてきます。数量限定のプリンを頂くことができました。カスタードプリンの上にアイス、そこに温かいキャラメルソースをかけて仕上げて下さいます。

「せっかくだから、窓際の席でどうぞ。」と、デザートの為に、新たにお席をご用意くださるおもてなしぶり。窓の外の金木犀の香りも優しく、なんだか素敵な午後のひととき。ランチタイムはとうに過ぎているはずなのに、全然気にせずゆっくりさせて下さるオーナーシェフ。甘え過ぎても申し訳ないので、そろそろおいとましましょう。フランスでも修行されたシェフ、長年フレンチシェフとして都内のレストランで働かれて、この春からこちらのお店で、ご自分のお店で腕を振るわれているそうです。

本格的なお料理を、こんなにカジュアルな形で惜しげもなく振舞ってくださる貴重なお店です。
人気のビーガン対応のたっぷり野菜のカレーは、ご友人の健康を考えて作りだしたメニューなのだとか。
インド直輸入のオーガニックスパイスを使ったカレー、是非頂いてみたいです。

こだわりのお酒も、かなりお得なお値段で頂けるようですよ。
また、お紅茶も「マカイバリ茶園」という有機紅茶を使われているそうです。
なにより、ちょっとシャイでチャーミングなオーナーシェフとのお喋りを楽しめる素敵なお店ですので、是非沢山の人に気軽に利用してもらいたいと思います。

※上記記事は高津区.jpスタッフにより取材掲載されたものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

INFORMATION

アルチザンマコト
電話 080-7826-2073
所在地 川崎市高津区二子1-1-23
最寄駅 二子新地駅
駐車場
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00
定休日 水曜日

MAP