インタビュー/上原どうぶつ病院

上原どうぶつ病院 上原 大介 院長

上原どうぶつ病院上原 大介 院長

CAREER

大学卒業後、勤幅広い症例に携わり、スキルを磨く。地域に暮らす動物たちの健康を守るべく、宮前区菅生に開業。

この道を志したきっかけをお聞かせ下さい。

小さいの頃から動物が好きで、いろんな生き物を飼い、すべて自分で世話をしてました。中学3年の時に読んだムツゴロウさん(畑正憲さん)の本に影響され、獣医になることを決めました。動物が日常にとけ込む生活は楽しいだろうなと思ったんです。それから一度も他の職業は考えなかったですね。当然、仕事となれば楽しいことばかりとはいきませんが、他の仕事に比べたら、患者さんとして接している動物たちに癒されている部分もありますね。

動物達の診察の際にこころがけていることをお聞かせください。

できる限り『怖がらせない、痛くしない』ということを心がけて診療を行っています。また、飼い主さんが訴えている症状だけに気を取られるのではなく、飼い主さんが見逃していることにも目を向け、症状とともにその動物の様子全体を見るようにしています。もうひとつは、飼い主さんとのコミュニケーションを大切にしています。どんなことでも質問できるような雰囲気をつくるようこころがけています。
診療の過程で、当院で対応しきれないような症状や病気が見つかった場合には、設備の整った大学病院や、別の信頼できる獣医師の先生にご紹介するなど、患者さんである動物にとって何が一番いいのかを見極め、飼い主さんへ選択肢を示すようにしています。

開業にあたり宮前区を選んだ理由をお聞かせください。

生まれは東京都大田区の蒲田ですが、子供の頃に小田急線の百合ヶ丘駅近くに引越しました。実家や自宅から近いこともあり、この場所で開業しました。近隣には動物病院も多い中で、当院を知っていただくのは大変ですが、地域にとけ込み、気軽にかかることのできる『町の獣医』でありたいですね。

院長先生の休日の過ごし方をお聞かせください。

休日には、家族と過ごすことが多いですね。普段忙しく、なかなか時間がとれないので、特に6歳になる娘と一緒に遊ぶようにしています。公園に行ったり、自転車に乗る練習をしたり…。そうしているとあっという間に一日が終わってしまいます。私自身は登山が好きで、以前はよく南アルプスの山へに登ったりしていました。残念ながら、最近はまったく時間がとれません。気持ちは今でも『登山家』なんですけどね(笑)。いつか時間に余裕ができたら、また登山を再開したいです。

最後に動物達の飼い主さんへメッセージをお願いします。

近年ペットを飼う方が増えています。ペットを家族の一員としてきちんと育てることは当たり前ですが、どんな種類のペットを飼うのかというのは、見た目の可愛さや好みだけでは決められません。どの程度の運動量が必要か、病気になりやすい種類かなど、ペット屋さんで相談するだけではなく、獣医に相談したり、同じ種類を飼っている人に聞いてみることが大切です。飼い主さんの生活環境に合うのか、十分に運動させてあげられるかなど、飼う前に検討することが必要だと思います。飼ってから散歩が苦痛になるようなことがあれば、それは動物にとっても、飼い主さんにとっても決して幸せとは言えません。病気だけでなく、飼い方など、どんな些細なことでも気軽にご相談ください。

※上記記事は2009.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

上原どうぶつ病院 上原 大介 院長

上原どうぶつ病院 DAISUKE UEHARA

上原どうぶつ病院 上原 大介 院長 DAISUKE UEHARA

  • 出身地: 神奈川県
  • 趣味: 登山、音楽鑑賞
  • 愛読書: 流氷の祖国(志図川倫)など
  • 好きな映画: 慕情、カサブランカ
  • 好きな音楽・アーティスト: クラシック音楽、ワグナーなど
  • 好きな場所: 山、冬の北海道に行ってみたい。

INFORMATION

  • 上原どうぶつ病院
  • 電話 044-978-5260
    所在地 川崎市宮前区菅生3-1-14
    診療時間 [平日]10:00~12:00 16:00~21:00 
    [日曜・祝日]09:00~12:00
    定休日 木曜