インタビュー/北浜こどもクリニック

北浜こどもクリニック 北浜 直 院長

北浜こどもクリニック北浜 直 院長

CAREER

聖マリアンナ医科大学を卒業後、小児科を専門に研鑽を積む。総合病院などで経験を重ね、「梶が谷駅」そばに開業。

この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。

子供のときからずっと医師に憧れていて、小学生の頃になると「将来は小児科のお医者さんになりたい」「町のお医者さんとして地域の中で診療していきたい」と考えるようになりました。子供の頃に抱いた夢は変わることがなく、高校卒業後は聖マリアンナ医科大学に進学し、今の私があるという感じです。『北浜こどもクリニック』を開設するまでは、国立病院岡山医療センターや東京都立豊島病院、山王病院といった規模の大きな病院で診療し、新生児医療を中心に幅広く経験を重ねてきました。大病院の小児科医というのは、やりがいがある一方で昼も夜もない忙しさで、子供たちやご家族とのコミュニケーションが希薄になりがちでした。その点、自分のクリニックであれば、地域に根差して長く診療を続けながら、子供たちの成長を見守っていくことができるはずだ、と。子供たちを中心に、地域に暮らすみなさまと長いお付き合いができることに魅力を感じて、2010年の開業を迎えました。

診療の際、心掛けていることをお聞かせください。

『北浜こどもクリニック』を開設した当初から変わらぬ目標は、「子供たちの強い味方」であり、「ママたちの強い味方」になることです。子供たちの様子に何か気になることがあったとき、いつでも・どんなことでも気軽に相談できる、そんな場所でありたいと思っています。そのためにはまず、来院する子供たちを怖がらせるようなことがあってはいけません。初めて受診するお子さんに対して、いきなりアクションを起こすのではなく、まずはお母さんに向けてお話をしたり。子供たちに「この人は味方なんだ」と理解してもらって、スムーズに診察に入れるように心がけています。子供たちに苦痛を与えたり、負担になるような検査はなるべくしない。これは、当院のモットーでもあります。子供たちの症状を診て、必要だと判断する場合には検査をおこないますけれど、「やみくもに検査をしない」「不必要なことは絶対にしない」というのは、私がいつも心に留めていることです。こうして、子供たちの負担に配慮しながら診療を続けるうち、今では子供たちの方から「また来たい」と言ってくれるまでになりました。実際に、来院する子供たちの中には、オモチャやゲーム目当てに受診をせがむお子さんもいらっしゃるんですよ(笑)。とは言え、これまで診療してきた中には、「大したことではないけれど」と受診されたお子さんに異常がみつかり、即・入院となったケースもあったんですね。そうした意味では、子供たちが通いやすく・ママたちが気軽に相談できる環境を整えることがいかに大切であるかを痛感していますし、これからも地域のみなさまの「医療の最初の窓口」としての役割をしっかりと担っていきたいと考えています。

診療内容についてお聞かせください。

小児科というのは子供たちの病気の「総合窓口」のような感じで、生まれて間もない赤ちゃんから中学校を卒業する15歳くらいまで、幅広い年齢の子供を担当します。そのため当院では、赤ちゃんを迎えるお母さんに向けた「プレママ外来」や「新生児外来」などの専門外来のほか、アトピー性皮膚炎や喘息といったアレルギー疾患、夜尿症のお悩みなど、さまざまな症状に対応しているのです。私自身、勤務医をしていた頃には、東京都立豊島病院の新生児未熟児センター(NICU)に在籍していた経験がありますので、小児科医の立場からアドバイスできることはたくさんあると思います。「プレママ外来」では、出産や育児にまつわる不安なお気持ちに寄り添っていきたいと思いますし、「新生児外来」では、赤ちゃんの発育や母乳の与え方など、ママたちの疑問や不安を解消するお手伝いができるでしょう。あくまでも科学的な根拠に基づき、医学的なデータをもとにご説明をしたり、お1人お1人に的確なアドバイスをさしあげたいと思っています。

『北浜こどもクリニック』の特徴を教えてください。

2010年に診療をスタートしてから、もう8年ほどになるでしょうか。子供たちの味方・ママの味方になるべく診療を続けるうちに、今では県外から足を運んでくださる患者さんも増えてきました。ご相談いただく症状としては、風邪をはじめとした感染症のほか、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患、夜尿症のお悩みなどが多いでしょうか。子供の夜尿症を専門的に診る小児科医はまだ少ないのが現状ですが、私がこれまでに培った知識や経験をいかして、きっとお役に立つことができるでしょう。開業から8年にもなりますと、子供たちの病気を診るだけでなく、ママたちの健康に関するお悩みや嫁姑問題などをご相談いただくことも多くなりました(笑)。こうしてご家族のみなさまとお付き合いできるのが、開業医ならではの喜びであり、やりがいだと感じます。地域のみなさまと交流をはかるため、当院では月に1度のペースで「天体観測会」などのイベントを開催しておりますので、ぜひご参加いただきたいと思います。

最後に地域の皆様へメッセージをお願い致します。

『北浜こどもクリニック』は「梶が谷駅」から徒歩10分、「溝の口駅」からも徒歩圏内の場所にあります。子供たちに気になる症状がみられたとき、お母さんたちは「何科にかかったらいいかな?」と迷ってしまうことがあるでしょう。そんなときはぜひ、子供たちの病気の「総合窓口」である小児科を受診していただきたいと思います。このクリニックで対応できる症状であれば責任をもって治療にあたり、より専門性の高い治療が必要と判断する場合には、大学病院などへご紹介することも可能です。子供たちが「また来たい」と思ってくれるような環境を整え、子供たちに負担をかけない診療を心がけておりますので、何かご心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

北浜こどもクリニック 北浜 直 院長

北浜こどもクリニック TADASHI KITAHAMA

北浜こどもクリニック 北浜 直 院長 TADASHI KITAHAMA

  • 出身地: 埼玉県
  • 趣味・特技: ダイビング、天体観測(院内の壁面には、私が撮影した星の写真を飾っています)
  • 好きな本・愛読書: ダイビング関連、天体観測の本
  • 好きな映画: スター・ウォーズ
  • 好きな言葉・座右の銘: 感謝と笑顔があれば、幸せは向こうからやってくる
  • 好きな音楽・アーティスト: クラシック(ヘルベルト・フォン・カラヤン)
  • 好きな場所・観光地: ケアンズ(オーストラリア)

INFORMATION

  • 北浜こどもクリニック
  • 電話 044-870-7055
    所在地 川崎市高津区下作延3-3-10 スルバリエ梶ヶ谷2F
    診療時間 [月曜・火曜・水曜・金曜]9:00~12:00 16:00~18:30※15:00~16:00は乳児健診、予防接種

    [木曜・土曜]9:00~12:00 16:00~17:00
    ※15:00~16:00は乳児健診、予防接種

    [日曜]9:00~12:00
    ※午前のみ不定期で診療、完全予約制
    休診日 日曜午後・祝日 (日曜午前は不定期)
    WEB http://www.kitahama-kidsclinic.jp/