富士見台公園『富士見台古墳』

子母口と千年に挟まれた細長い台地上にある「子母口富士見台」富士山がよく見える地形から名づけられているらしい。古墳の直径は一七・五メートル、高さ三・七メートルの円墳であるが、道路に面したところは削り取られている。
かつては多摩川沿いの田園風景の中にそびえる丘であった富士見台は、現在は宅地造成や道路敷設によって削られ、古墳頂上部の一部、高さ 3.7m、直径 17.5m の部分のみが姿を留めており、公園として管理されている。頂上に登れるよう綱が渡されているが、その頂上から見える風景も宅地ばかりが続く光景となっている。
当初はかなり大きな円墳であったと思われます。歴史を散策する休日もロマンがあっていいですね。
橘樹神社と富士見台古墳にまつわる伝説として、たいへん興味深いものがあります。

※上記記事は高津区.jpスタッフにより取材掲載されたものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

INFORMATION

富士見台公園『富士見台古墳』
所在地 川崎市高津区子母口富士見台122
最寄駅 武蔵新城駅
駐車場
営業時間 入園自由/通年
定休日 対象外

MAP